ねずみ対策は自分でするか業者に依頼か判断は早めに - ねずみ対策として効果的な超音波発生器
  • ねずみ対策は自分でするか業者に依頼か判断は早めに

    ねずみは食糧や暖かい場所を求めて住居に侵入してきます。被害が深刻になる前に、気配を確認したら早めにねずみ対策しましょう。



    しかし慣れていない人に手に負えないケースもあるので、まず被害状況を確認して自力で対策できるかを判断する必要があります。



    主なねずみ対策は粘着シートなどのワナを使った捕獲、殺鼠剤などの毒エサ、そして侵入口の遮断です。
    家が古くねずみの侵入口を塞ぎきれない場合も、せっかく追い出したねずみが戻ってきてしまうのです。ワナによる捕獲や殺鼠剤は死骸の処理が必要です。

    ねずみの死骸に触れない、殺したくないという場合は自力で対策するのは難しいでしょう。また警戒心が強いねずみを昼間に室内で見かける場合は、ねずみが繁殖して数が増えている可能性が高いのです。


    1匹捕まえても意味がなく、住みついている大量のねずみを駆除しなければならないのです。
    被害が深刻で自分では手に負えないと判断した場合は、業者への依頼を検討するのが良いでしょう。

    日常的にできるねずみ対策には、苦手なもので追い払う方法があります。


    ねずみは食糧がない環境を嫌うので食料品を盗まれないように、丈夫なケースに収納することもねずみ対策として有効です。


    ねずみが嫌う動物には天敵の猫がありますが蛇やイタチのフェレット、同じねずみですがハムスターも嫌います。
    縄張り意識が強いため、臭いを察知してハムスターの縄張りと思い込んでしまうのです。



    ハッカやミントのハーブの臭いも嫌うので、家の周りに植えたり鉢植えを置くのも、ねずみ対策になります。