雨漏り保険で屋根修理を無料にする方法

雨漏り保険という名前の保険はありませんが、火災保険を利用すると屋根修理を無料にできるケースがあります。火災保険は住宅が火災になった場合に保険金が給付されますが、火災保険で保険金が給付されるのは火災だけでなく、突風や強風、台風の豪雨などで住宅が損壊した場合でも保険金が給付されます。例えば、台風の暴風雨によって屋根が損壊して雨漏りになった場合は、雨漏り保険の適用を受けますので、給付された保険金で屋根修理をすることができます。雨漏り保険は、積雪や落雪による屋根の破損や雹による屋根の破損にも適用されますので、雪や雹で屋根が破損して雨漏りになってしまった場合でも、支給された保険金で屋根修理を行うことが可能です。

新築後、相当年数が経過した住宅は屋根が傷んできますが、築年数が経過した住宅でも雨漏り保険の適用が受けられるケースがあります。ただし、雨漏りの原因の100%が経年劣化の場合は補償を受けることはできません。その判断は第三者機関が行いますので、第三者機関の判断によっては、かなり古い住宅でも保険金が給付される場合があります。雨漏り保険の注意点として、保険申請ができるのは被害に遭ってから3年以内に限定されるため、早めに保険申請をすることが必要です。

また、火災保険を使って雨漏り修理をする場合には、火災保険による雨漏り修理に精通している業者に依頼すると手続きがスムーズに行えますので、火災保険による雨漏り修理の実績が豊富な業者に依頼することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *