雨漏り保険について知ろう

雨漏り保険という保険が火災保険の中で設定されている場合があります。こちらの保険だと雨漏りをした場合に修理費を負担してもらえます。しかし雨漏り保険を利用するにはいくつかの条件があります。建物の老朽化などから発生する損害に関しては補償されません。

他の自然災害として雪やひょうなどがありますが、これも水災には含まれないです。基本的には自然災害の時も保険金は支払われないです。しかし保険会社によっては自然災害も雨漏り保険に含まれる場合もあるので、保険会社の公式サイトで確認する必要があります。雨漏り保険が適応される場合ですが、自然災害以外で偶発的な事態が生じた際に適応されます。

例えば南国で急に寒気が来て水道管が破裂した場合などがあります。この場合ですが寒気が来ることは予想できますが、水道管が破裂することまでは予測できないからです。このような場合に雨漏り保険が適応されます。保険金は火災保険と一緒に支払うことになります。

こちらの保険の支払い方法ですが、銀行振込やクレジットカード払いとなっています。クレジットカード払いだと銀行振込よりもリーズナブルな額になります。また月払いと年払いがあり、年払いになると総額にして5000円程度リーズナブルになります。このような情報はインターネットの公式サイトで確認すると分かります。

保険会社の対応も差があり、保険金の振込のスピードは保険会社によって違います。インターネットの口コミサイトで分かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *