雨漏り保険とはどういうものか

雨漏り保険とは名前の通り何らかの理由で雨漏りが起きてしまった場合に利用することができる保険なのですが、雨漏り保険と言う名前の保険があるわけではありません。と言うのも一般的な保険の中に雨漏りに対して保証してくれている保険があるという意味合いになっていて、直接雨漏りを補償しているものと間接的に雨漏りを補償しているものの2種類があります。では雨漏り保険として利用することができるものとしては何があるのかと言うと、基本的には住宅瑕疵担保責任保険・供託と火災保険の2種類になっています。住宅瑕疵担保責任保険・供託の場合は新築から10年未満の住宅に雨漏りが起きた場合に修理を行った業者に保険が支払われると言うもので、利用することによって無料で雨漏りを修理することが出来るようになっています。

これは一般的には新築住宅の保険と言われているのですが、もしも加入していなかった場合は補償されないのかと言うとそうではないので無償で雨漏りを修理できるようになっているのです。また火災保険の場合は最近は火災だけではなく風災や雪災・ヒョウ災なども補償対象となっているので、これらが原因で雨漏りが起きてしまったという場合には補償を受けることが出来ます。この場合も無料で修理することができるようになっているのですが、住宅瑕疵担保責任保険・供託と違う点としては火災保険の場合は火災・風災・雪災・ヒョウ災が原因で雨漏りが起きている状態でなければ利用できないと言う点です。なので何が原因でも補償されると言うわけではないので、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *