雨漏りの修理費用は修復箇所や状態によって異なる

雨漏りが発生していて業者に修理を依頼する場合、修理費用は補修箇所や状態によって料金が異なりますが、一般的に棟板金の修復工事は、下地となる棟板を取り外して腐食状況の確認と清掃を行い、該当箇所を整えた後、新しい棟板金と棟板を固定して作業するので30~100万円程度となります。漆喰の修理工事は、補修箇所の漆喰を取り除き、漆喰の土台となる葺き土を調整した後、漆喰を塗り込む作業となるので30~80万円程度となります。瓦の修理工事は、割れていたりヒビが入っている瓦を取り除いた後、瓦下の状態を確認して新しい瓦を差し込む作業となるので、30~100万円程度となります。経年劣化の修理工事は、ほとんど葺き替え工事となり、屋根を全て新しい物に交換する必要があるので、100~300万円程度となります。

これらの修理費用は一般的な金額となり、業者によって異なりますが、風やヒョウ、雪などによる災害で雨漏りが発生した場合、火災保険に加入していると補償範囲となる可能性があり、雨漏りの修理費用は保険会社で負担してくれる場合があるので、火災保険に加入している人は、保証内容の確認をしてから業者に依頼するようにします。また、業者によっては手抜き工事をしたり、工事費用を水増ししたりする悪質な業者もいるので、見積もりは1社のみではなく、3社以上見積もりをしてもらって工事費用の相場を把握し、見積り書に工事一式と書かれている場合は、詳細が不明確のため悪質業者の可能性があるので要注意となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *