雨漏りは放置すると修理費用が高くなります

一戸建ての住宅に住んでいると、時間の経過と共に様々なトラブルや不具合に悩まされてしまうということがあります。住まいに起こるトラブルは実に様々で、家の外観自体に影響があるものもあれば、生活する上で家の機能性を著しく損ねてしまうというものもあります。前者であれば、見た目さえ気にしなければたちまち生活に大きな支障をきたすこともありませんが、機能性に問題が生じた場合、家を快適に使用する事ができなくなることもあります。こうしたトラブルが起こりやすい箇所の一つとして、住まいを雨風や太陽光の紫外線から守る屋根が挙げられます。

屋根の瓦やスレートが劣化したり、台風や屋根雪などで破損してしまうと、そこから雨水が建物の中に入り込んでしまうようになります。屋根裏に雨水が溜まってしまうと、柱や梁の木材にカビが生えてしまいますし、腐食してボロボロになってしまうこともあります。雨漏りをしている事に気づかず、その状態を放置してしまうと、腐食が進んでしまい、修理費用もかさんでしまう事につながります。初期の雨漏りであれば、すぐに対応すれば修理費用がそれほど高くなることもありませんが、屋根の修理だけでなく、天井裏や室内に垂れてしまった雨水によって、建材が傷んでしまうと、それらの修理も必要になるため、修理費用が無駄にかかると共に、工事にも長い時間が必要になります。

余計な出費を減らすためにも、年に数回は雨漏りの診断をして、異常が無いかを確認しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *