屋根に原因がある場合の雨漏りの修理

長く住み続けているうちに生じる住宅トラブルの中に、雨漏りがあります。雨漏りと一口に言っても程度はさまざまで、文字通り室内に雨水が入ってくることや、天井や壁に水のシミが現れる程度の軽いものもあります。いずれにしてもそのまま放置すると、内装の外観が台無しになるだけでなく、土台や柱といった家の構造部分の腐食といった甚大な被害に発展する恐れがあるので、早めに雨漏りの修理を行うことが必要です。一般的に言って雨漏りの修理は大掛かりな工事になることが多く、費用も高額になる場合があります。

それで少しでも無駄がないようにするには、雨漏りの原因をきちんと調査し、適切な修理を依頼することが大切です。雨漏りの原因となる箇所は、外壁の継ぎ目やサッシ窓周りということもありますが、一番多いのは屋根からのものです。そして屋根材にも瓦やスレートなどいろいろなものがあり、それによっても修理方法は異なります。例えば瓦屋根の場合は、建築からそれほど年数が経っていない場合、瓦のズレや漆喰の崩れを部分的に修理するだけで十分な場合があります。

逆に築後かなり経過している住宅であれば、瓦屋根の葺き替えが必要になります。全てを変える作業には廃棄費用や足場費用も必要なので、一般の住宅でも100万円から200万円ほどかかります。このように屋根の雨漏りの修理はコストも工事も大掛かりになるので、日頃の点検とともにいざという時のために予算を組んでおくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *