雨漏りの修理を先延ばしにしてはいけない理由

最近では軽量鉄骨などの家も増えてきましたが、やはり日本では住宅というと木造建築が主流です。家を寿命という観点で見てみるとだいたい30年くらいが目安とされていて、多くの住宅が築後25年から30年くらいで建て替えられています。その一方でもっと長い間良好な状態を保っている住宅も存在します。家の寿命を延ばすには人が住み続けながら、適切な手入れや修理を行うことが効果的であると言われています。

経年劣化というのは避けられませんが、メンテナンスが行き届いていれば、家はずっと長持ちします。その一例が雨漏りの修理です。雨漏りは、最初から室内に雨が垂れて来ることはあまりありません。天井裏で水が滴るような音が聞こえたり、壁や天井に水の染みが見つかったりしたら、雨漏りを疑ってみることが必要です。

この段階では実害が出ていないので、雨漏りの修理を先延ばしにしがちですが、それはいろいろな意味で危険なことです。雨漏りの修理をすぐに行うべき理由は、家の構造体に及ぶ危険を最小限に食い止めるためです。木造建築の場合、雨漏りによる湿気で土台や柱が腐食しやすい状態になります。特に梅雨の時期などは、高温多湿の状態が長く続くので腐食が早まり、家の強度が脅かされます。

さらに危険なのは、腐食した木材を好物とするシロアリが飛来することです。シロアリが住み着くとあっという間に被害が拡大してしまいます。そのような事態にならないためにも、雨漏りを発見したら早急に専門業者に修理を依頼するのは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *