雨漏りの修理費用について

雨漏りの修理費用は、雨漏りの程度によって、あるいは、修理方法、範囲によって値段は大きく変動します。例えば、外からの雨水の侵入をふせぐだけの場合と、被害を受けた構造部、内装仕上げ面まで修繕する場合では修理費用が大きく変わります。屋根が原因の雨漏り修理の場合たとえば、瓦が割れていて、雨漏りしていたとして、天井にしみが広がっている場合は雨水の侵入口を止めるため、屋根の修理と内装の現状復旧工事の2つがひつようです。この雨漏り費用は10万円ほどです。

雨漏りの修理が1ヶ所ではない場合、柱などに被害が及んでいる場合は修繕費用がかわります。瓦屋根の雨漏り修理の場合はおよそ、10万円から25万円くらいが平均です。ただ、屋根形状や棟瓦の高さ、建物の立地条件などにより、変動します。つぎに、雨漏りの修理方法などについて、天井のしみ、部屋が何だかカビの匂いがするなどの場合は雨漏り可能性があります。

家の内部では腐食が進んでる可能性があります。雨漏りを放っておくと屋根全体を張り替える修理が必要になります。原因として一番多いのは建物の老朽化によるものです。瓦のずれや雨どいのつまりが原因です。

屋根だけでなく、耐熱年数が8年から10年といわれてる外壁にも注意しましょう。瓦の耐熱年数は40年、50年といわれています。瓦のしたのルーフィングが劣化し、破損や穴が空くことで、雨漏りを起こしています。雨漏りにきずいたらすぐに応急処置をしましょう。

名古屋の水漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *