トイレの水漏れ修理は自分でできることもある

トイレで水漏れを発見したら、修理を考えなければなりません。

その時にまず判断したいのは、自力で改善することが可能な状態なのかということです。トイレの水漏れは修理が簡単であるタイプと、自力では難しいタイプがあるので、始めにそこを見極めることで、次にとれば良い行動が見えてくるでしょう。トイレの水漏れと言っても、水が漏れている場所によって修理のやり方は違います。よくあるケースは水を溜めておくタンクから、便器内へ少量の水が漏れ続けるという現象です。このような状態を見た時は、少しの水だからと放っておかずにタンクの中を見てみましょう。水を溜めるタンクの底にはフロートバルブという部品があり、レバーを引いた時にこれが持ち上がることで便器内に水を流す仕組みになっています。

しかし、フロートバルブに不具合があり、きちんと閉まらなくなってしまうと便器内に水がチョロチョロ流れ続けてしまいますから、これが原因ならフロートバルブを直すことが必要になります。トイレの水漏れ修理の中で、簡単に自分で対応できるケースは、タンク内のフロートバルブの鎖が絡まっていた時です。この場合、鎖をほどいて元通りにすればレバーを引いた時にフロートバルブが上がり、水を流し終わったらきちんと穴を塞ぐので水が漏れなくなるはずです。逆にトイレの水漏れで難しいケースには、便器と床の間から水が染み出している時や、便器にひびが入っておりそこから水が漏れている時などになります。パイプの隙間から水が漏れている時なども、水道修理会社に頼むと迅速に直してもらえるため、自分で対応するのは自信がないと思った時は、専門家に電話をして直してもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *