アメリカに留学する場合の費用について

学生や社会人などの中には、アメリカに留学する人も多いでしょう。

そこで気になるのが、アメリカに留学する人は費用面をどうしているのかです。通常はアメリカ留学をする場合においては、西海岸・東海岸のそれぞれの大都会エリアと地方都市を比較すると大都会のほうが費用面ではやや高めとなっています。

目安としては、年間で300万円から400万円程度となります。これは、学費そのものが非常に高く設定されている大学・語学学校は除いた数字です。ただ、生活費も含めるとこれぐらいの費用の人が多いです。都市部の方が高くなっており、田舎の方が安いのは国内と同じなのですが1年間で見た場合の費用はこれが一般的な相場です。300万円から400万円の数字は他の留学先で英語圏の国と比較すると少し高めではあります。しかし、英語の本場といえばアメリカは特に知られている国であり、そこで働ける環境が整っているなどリターンも大きい国なのはメリットです。

費用面を大きく分けると、入学金や授業料などといった学費のほか渡航費・住居費・生活費と分かれています。保険代も当然かかってくるわけですが、保険は留学先により学校指定のものがあります。保険は、海外に渡る場合は必ず加入が前提です。もしも節約するのであれば学費は、質を問わなければ年間で50万円程度の格安の語学学校もあります。ただ、治安などを考えるとあまりおすすめではありません。住居面はアパートなどを借りたりルームシェアをするのが一般的ですが、ホームステイ制度を利用するのも有効でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *