アメリカへの留学は人気がある

英語圏の国の数は多いですが、その中でもアメリカは留学先として最も人気があります。

語学の面で考えると、スタンダードな英語を学べる環境であり、訛りなどがありません。他の国で学んだ場合でも世界で通じるものですが、固有の訛りのような癖も身に付いてしまう可能性があります。アメリカは留学生の受け入れ体制が昔から整えられていることも人気がある要因になっており、安心して学習できます。

語学に限らず様々な専攻分野があり、大学の数も非常に多いので自分の希望する分野の知識を深めることができますが、専攻は入学時に決める必要はありません。一般教養から始まるので、時間をかけて考えることができます。語学学習のためにアメリカに留学する場合には元々の英語力は低くても問題ありませんが、大学に入学して知識を深めていくのであれば、授業は英語で受けるので事前に準備していないと入学できないので注意しましょう。滞在にかかる費用も期間が長ければ高くなりますが、学生ビザでは就労ができないのでこちらも十分な金額を用意する必要があります。

アメリカに留学している日本人には働いて収入を得ている人もいますが、違法就労なので真似しない方が良いです。まともな店ではないので賃金の未払いなどのトラブルになる危険性があり、就労が発覚すれば強制送還や入国禁止などの措置を取られます。現地で銀行口座を開設することは可能なので、お金が足りないときは日本の家族に送金してもらうなどで対応ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *