欧州で日本人に親しみやすい外国語を学ぶ高校留学

ヨーロッパの言語の中で、日本人にもっとも親しみやすい外国語のひとつにイタリア語が挙げられることで、高校留学でも年々人気が高まっています。

イタリアは世界的にみてもファッション関連や高級自動車、サッカーで知られ、永遠の都と称される歴史的建築物が多い首都ローマやお洒落な街としても有名なミラノ、水の都・ベネチアなど魅力的な街が国内に点在しています。毎年国内外から数多くの観光客が訪れて、陽気で明るい国民性もまた世界中の人々を惹きつけます。

日本人の繊細な感性で作る外国料理は本場で食べるよりも東京や横浜などで食べた方が美味しいともいわれる中で、イタリアに関しては料理の味付けもさることながら雰囲気もよく、高校留学では食生活においてストレスも少なくすむでしょう。高校留学では1週間~のコースに参加でき、首都ローマをはじめ、ミラノやフィレンツェでイタリア語を学ぶひとを多く見かけ、不安なひとは日本人スタッフが常駐している学校をおすすめします。

イタリアでの高校留学の滞在先は、ホームステイや1週間ほどの短い期間であればホテルを利用する人も多く、一クラス10人以下で授業をおこなっているところが多いのもうれしいです。イタリアのアートやワインと行った伝統的なカルチャーに趣を置きながらも最新のエッセンスを探求し続ける文化センターでもある語学学校もあるので、いろんな志をもった世界各地から集まった留学生との交流も楽しみです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *