国際語のスペイン語を学ぶ高校留学

高校留学で英語がメジャーとされていますが、スペイン語にも年々注目が集まっています。

スペイン語は、スペインやラテンアメリカの国々をはじめ母語話者人口が4億2万人を数えるほどで、世界中を見渡しても4番目に多く話される言語で、国連の6つの公用語にも入る国際語です。スペイン語習得により就職先は国際関連の機関や翻訳通訳などの仕事が一般的とされてきましたが、メキシコや中南米で日系企業が進出していることで商社やメーカーなどスペイン語ができるひとを必要としている会社も年々増加の傾向にあります。アメリカ社会においても中南米からの移民が特に多いので、スペイン語の習得は仕事上の実務だけでなく、幅広い実用性があるといわれています。

スペイン語の高校留学では2週間~の短期のプログラムが用意されているので、日本の夏休みの期間を利用して行くのが一番適しているでしょう。また、高校留学の語学学校ではいろんな国や地域からの学生を受け入れていて、初心者向けのプログラムが充実しているのもうれしいです。

また、生活面においてはスペイン料理は日本でもよく知られているので、食事で困ることはあまりなく、滞在先はスペインの家族と一緒に暮らすホームステイが人気です。学校は夏季オリンピックが開催された日本でも馴染みのバルセロナやヨーロッパ有数の高級リゾート地のコスタ・デル・ソルなど魅力的なところに位置しているので、自身の好みや目的に合わせて選択してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *