食事のストレスが少ない香港での高校留学

高校留学では英語圏という選択肢がもっともメジャーですが、近年はアジア諸国にも注目が集まり、はじめての外国生活ともなると生活環境を先ず考えてしまいます。

そんな中、日本国内において中華料理の中でもっともメジャーなもののひとつとされる広東料理はあっさりした味付けで親しみやすく、香港には和食のレストランが街中に点在しています。

食事でのストレスが少ないことで、高校留学で香港は適しているといわれています。香港は公用語が広東語になりますが、英語やマンダリンといわれる中国語の標準語を話すひとも多いのが特徴で、読み書きでは中国本土の簡体字ではなく繁体字といった日本語に近い漢字を使うので、意思疎通で困った時には筆談ができます。広東語は世界で約3000万人の人たちが使用し、香港やマカオ、水墨画のような風情のある景色で有名な桂林が位置する広西地ワン自治区をはじめ、東南アジアや欧米などの華人の間でも使われています。高校留学では主に夏休みの期間を利用した短期のコースとインターナショナル・スクールが代表的です。

学校の授業以外の私生活ではたいてい広東語を使用するケースが多いですが、インターナショナル・スクールでは世界各国の学生とコミュニケーションを図るときには英語となります。香港の高校留学では、世界80カ国以上の高校生が奨学金を利用して学んでいるインターナショナル・スクールで、世界共通の大学入学資格が取得できる「国際バカロレア」に認定されている学校がありますので、お見逃しなく。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *