オーストラリアに留学する手段

オーストラリアに留学する際には様々な方法がありますが、まずはその留学期間について説明します。

例えば、短期留学としては1週間から数か月までピンからキリまで存在しますが、全てに共通して言えることは長期留学よりも費用を抑えることができるということです。さらに、時差が少ないということもポイントで、人気の都市であるメルボルンは日本と2時間しか時差がありません。そのため、万が一日本に電話をかけるようなことがある際には時間を気にしなくて良いということになります。

長期留学の場合には、技術的な訓練を受けることで、英語以外にも職業の専門技術を身に付けることができる「TAFE」というものがあります。この訓練学校では珍しいものではレンガ工などの日本にはない技術をあえて学んでみてもいいでしょう。日本にあるような職業でも学ぶことはたくさんあります。同じジャンルでも違いがあるということに気付くいいきっかけになるかもしれません。

その他には、オーストラリアの現地の大学に行くという方法があります。その際には英語の能力を証明するための資格が必要になります。「IELTS」という資格で6.5以上を持って入れば現地の大学生や教授との会話でも不自由がないでしょう。オーストラリアはツーリズムも盛んな国ですので、大学の専攻科目ではツーリズムを学んでおくことで、日本に帰った時のアピールポイントにもなり、旅行業界などの就職時に活用できる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *