留学は高校生の時期に行う

留学といえば、大学時代にいくものだという認識されているかもしれません。

しかし、今は高校生から留学することが可能になっています。高校留学だからこそ得られるものがあります。留学のメリットを紹介しましょう。 まず、高校生という非常に学力が向上していく時期に留学をすることが大きなメリットです。文法や単語を覚えるだけの高校英語では、実際に日常会話はほとんどできません。将来を見据えて最低限の英会話を身につけるにはとても大事な時期です。また、留学することによって大学入学にも有利になります。

留学した知識やリスニング力は必ず試験に役立ちますし、推薦も得られやすいでしょう。このように、留学を高校生に時期に行うことは学業面から見て大きなメリットがあります。 また、高校生という多感な時期に異文化に触れること、自分とは異なる国で暮らすということなどを体験することはその後の人生の価値観を大きく変えることになるでしょう。

日本だけの文化や考え方にとらわれず、多面的にものごとを捕らえることができる人に成長するでしょう。たとえば、日本では協調性を大切にしますが、アメリカでは積極性や個性を大切にします。このように、国ごとにことなる考えに触れることは、高校生というアイデンティティ形成の時期にはとても大切なことです。 学業、精神的な面から高校留学を説明してきました。高校留学は、大学の時期ではなく、高校生の時期に留学するということ自体大きなメリットなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *