高校留学の種類と成功する留学

高校留学には1年間以上の長期留学と数週間~1ヶ月程度の短期留学があります。

また、高校留学には私費留学と交換留学の2種類のタイプがあります。私費留学は高校卒業を目的としている場合が多いです。費用は行く国によっても異なりますが、すべて私費となり、大体欧米諸国で200万円以上はかかります。交換留学は1年間ホームステイをしながら現地の高校に通います。交換留学の目的は現地の高校の卒業ではなく、国際交流が目的の人が多いです。

ホストファミリーや学校がボランティアで生徒を受け入れていて、留学費用が安く済むのが特徴です。大体150万円程度で済む場合が多いようです。交換留学の多くはNOPやボランティア団体が、運営・管理をしています。短期語学留学は、夏休みや春休みなど長期の休みを利用して、現地の語学学校などに留学します。日本の高校の国際系の学科に通う生徒は、学校の留学制度を利用して、留学する人も多くいます。

留学制度のある高校は、留学期間も含めて3年間で卒業できるプログラムを組んでいます。そのため、3年間で日本の高校を卒業して、大学進学を目指すことができます。英語力をアップさせると、進路選択の幅を広げられるので、国際的に活躍したいと思う生徒はこの制度を利用するのもお勧めです。高校留学を目指す人の目的は様々です。海外で視野を広げたい学生、いじめにあって、海外の高校を模索する学生や、日本の暗記型の教育に疑問を持つ学生や親御さんが、留学を目指すこともあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *