フィリピン留学は費用面がかなり抑えられます

フィリピンの母国語はタガログ語ですが、色々な地域で複数の方言が使われているため、公用語として英語が採用されています。

子供たちは小学校の頃から英語で授業を受け、テレビのプログラムや映画は英語で流れています。ほとんどの生活を英語でこなしています。フィリピンは日本よりも物価が安く人件費が安いです。近年、一ヶ月の料金が数千円代で受けられるオンラインの英会話レッスンが注目されていますが、そういったスクールで英会話を教えているのはフィリピン在住の先生方です。毎日受けても安い値段なので徐々に受講者が増えています。

そこから注目され始めているのがフィリピン留学です。オンライン英会話では一日30分程度のレッスンしか受けられませんが、フィリピン留学をすれば一日中英語のレッスンが受けられます。他の国へ留学するよりも安い値段で留学できるのも大きな魅力です。フィリピン留学先では、朝から晩までスピーキングやリスニング、ライティングの授業が行われています。スピーキングの授業では、先生と一対一で授業が受けられて、自分の話す時間がたくさん取れます。

他の国への留学の場合、たくさんの生徒に対して一人の先生が付くスタイルが主流なので、自分が英語を話す時間が限られますが、マンツーマンだとすぐに質問できるし自分のために先生が説明してくれます。留学しに来ている生徒は日本人だけでなく、韓国や中国など近くのアジア諸国の生徒も集まっています。他の国の人の英語を聞く良いチャンスにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *