フィリピン留学が増える事はアジアの時代到来

フィリピンは東南アジアの国の一つです。

フィリピン留学を検討していますが、アジアの中でも英語を母国語を探していたら、フィリピンも当てはまっていたので、検討している最中です。英語をアメリカ、イギリスのような本場の母国語として実力試しもいいと考えていますが、英語をアジアの中で通じるようにしないといけないと考えての事です。英語は世界共通語の一つとして、長年愛用されています。日本人も英語を話せる人がまだ少ないと言われる中で、まずは同じアジア圏の国々と英語によるコミュニケーション能力で足場を固める必要があります。

フィリピン留学するからには、ホームステイ覚悟で行く事です。諸外国と比較しても、まだ経済発展途上の国だけに、自費でしかも英語力を磨くという目的がある以上は遊びよりも勉強の方が色合い濃いです。留学するならば、当初は英語を母国語としている国を考えていましたが、いきなり本場よりもまずは自分の実力を試すには、経済発展途上の国から始める事が良いのではと思いつき、フィリピン留学を思いついたわけです。

英語を話すだけでなく、自力で生活を経験するにはこの上ない土台です。将来の事を考えても、フィリピンのような国でも自力がつけば収穫アリになります。今後もアメリカやイギリス、オーストラリアのような英語圏大国よりも、フィリピンが好きになりそうです。経済発展した暁には、フィリピンで仕事を考えるならば、今しかないと、日本から来る人々を案内できるようになるために、留学兼ねて将来の土台作りに取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です