フィリピン留学の特徴

フィリピンでは英語が公用語とされており、韓国資本や日本資本の英語の語学学校が多くあるため子供からシニアまで多くの日本人や韓国人がフィリピン留学をしています。

フィリピンは小学校から大学まで英語で教育が行われ、アメリカ式の発音で訛りも少ない英語です。訛りが移るなどの心配はありません。授業はグループレッスンだけではなくマンツーマンの授業も多く受けることが出来、英語を話す機会を多くとることも出来ます。内容は初心者から上級者までレベルごとに学ぶことも出来、他にもTOEICなどの資格対策やシニア留学、親子留学など目的に合ったコースを選ぶことも可能です。

フィリピン留学は欧米の場合と比べると費用は3分の1程度に抑えることも出来ます。宿泊施設は多くが学校の徒歩圏内にあり、食事だけではなく掃除や洗濯なども費用に含まれている場合が多く、勉強に集中できるうえに費用面でも安く抑えることが出来ます。また1人部屋ではなく複数でシェアする部屋の場合や費用を安く抑えることも可能です。

短期間の留学を考えている人は1日10時間以上の授業を受けることが出来るスパルタ式の学校などもあります。治安面は危険な場所に近寄らないなどの基本的なことを守れば心配はありません。フィリピン留学は学校によっては平日の外出禁止など厳しい校則がある学校やマンツーマンレッスンやグループレッスンの割合など違いがあったり、食事内容なども違いがあります。その為よく比較して選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です